Emyuu
topへ
 
おすすめ記事
emyuu cms Freebsd12.0LAMP Freebsd10.0LAMP

2014-08-06 02:30:23

sazanamiフォントを入れる

pkg search sazanami

pkg install ja-font-sazanami-20040629_2

 

 

2014-07-31 00:46:56

テンプレートエンジン smartyを入れる

 

http://www.smarty.net/
cd /usr/chane/src

tar zxvf Smarty-3.1.19.tar.gz
mv Smarty-3.1.19 Smarty
mv Smarty /usr/local/lib/php/Smarty
cd /usr/local/lib/php/
chown -R root:wheel Smarty

 

 

おわり

2014-07-31 00:46:54

pear を入れる

/usr/local/bin/pear install Pager

おしまい。w

 

これは、次のページへのナビを作ってくれる便利なやつです。

 1・ 2・ 3・ 4・ 5・ 6・ 7・ 8・ 9・ 10 次>> 

こんな感じのね。

 

2014-07-29 22:43:45

phpMyAdminのインストール

pkg search phpMyAdmin

pkg install phpMyAdmin-4.2.5

 

 

Please edit config.inc.php to suit your needs.

To make phpMyAdmin available through your web site, I suggest
that you add something like the following to httpd.conf:

For Apache versions earlier than 2.4:

    Alias /phpmyadmin/ "/usr/local/www/phpMyAdmin/"

    <Directory "/usr/local/www/phpMyAdmin/">
        Options none
        AllowOverride Limit

        Order Deny,Allow
        Deny from all
        Allow from 127.0.0.1 .example.com
    </Directory>

For Apache version 2.4.x or above:

    Alias /phpmyadmin/ "/usr/local/www/phpMyAdmin/"

    <Directory "/usr/local/www/phpMyAdmin/">
        Options None
        AllowOverride Limit

        Require local
        Require host .example.com
    </Directory>

 


だそうですよ。


vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf
    <Directory "/usr/local/www/phpMyAdmin/">
        Options None
        AllowOverride Limit

        Require local
        Require ip 192.168.1
    </Directory>


/usr/local/apache2/bin/apachectl restart


ln -s /usr/local/www/phpMyAdmin/ /usr/local/apache2/htdocs/himitu

http://192.168.1.30/himitu/index.php

あ、一覧表示されんじゃん
vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf

 

 

 

 

/usr/local/apache2/bin/apachectl restart
せきゅもok


cp -pr /usr/local/www/phpMyAdmin/config.sample.inc.php /usr/local/www/phpMyAdmin/config.inc.php

http://192.168.1.30/himitu/index.php

ほらできた。

楽ちん。

 

 

2014-08-06 02:48:11

Freebsd 10.0へImageMagickのインストール

 

こんにちはしゃねちゃんです。

LAMP環境ができたので、更に今日は優秀な画像処理ができるImageMagickを入れていきますよ。

 

pkg update

pkg upgrade

pkg install ImageMagick-6.8.9.4_1,1

pkg: WARNING: locally installed perl5.18-5.18.1_4 conflicts on /usr/local/man/man1/zipdetails.1.gz with:
        - perl5-5.16.3_11
 
むむ、pkgのおまじないがきかない。
さすが高難易度のImageMagick
依存ファイルおおいし、脆弱1個でもでればそりゃーね。


http://ホームページの作成.com/44
をしてない人は。

cd /usr/ports/ports-mgmt/portmaster
make install clean
rehash

 

 


cd /usr/ports/graphics/ImageMagick

portmaster --update-if-newer ImageMagick


===>>> No valid installed port, or port directory given
嫌やっぱ全部しとこ
portmaster -af

===>>> All ports are up to date

 

make
===>  python27-2.7.6_1 has known vulnerabilities:
python27-2.7.6_1 is vulnerable:
Python -- buffer overflow in socket.recvfrom_into()


なんでよ、最新にしたのに。
pkgでいれてみるか。

pkg install python27-2.7.6_4


 

すすんだ。

 

又make


すんごい時間かかりますよ。

 

 


freetype2-2.5.0.1 is vulnerable:
freetype2 -- Out of bounds read/write

pkg version

>だからパッケージはportsより新しいんだが、portsから
入れ直さんと止まるってか?

 

 

portmaster --update-if-newer print/freetype2

pkg install freetype2-2.5.3_2

うーーん
GD と依存関係でdeleteもできん。

 

portsnapでパーツを新しくしてみる。
portsnap fetch update
portsnap extract


時間かかるのよねー
portmaster速くてもつかえなくない?

 

make
make install

 

identify -version

 

できた。


http://pecl.php.net/package/imagick
pecl install imagick-3.2.0RC1

chmod 755 /usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20121212/libimagick.so.0.0

vi /usr/local/lib/php.ini
extension_dir = "/usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20121212/"
extension=libimagick.so.0.0


/usr/local/apache2/bin/apachectl graceful


http://192.168.1.30/test.php

 

 

 

 

 

 

でけたよ。

 

2014-07-29 05:14:46

Freebsd 10.0へphp 5.5.15のインストール

さあ、phpでlamp環境ができるよー。

最近のチートなお手軽、コマンド一発でインストール環境作成ソフトと比べれば、随分たいへんだよね。

まあ、そうなんだけどw

いいんです。規格化されたなんたらの弱点で(攻殻機動隊じゃあるまいし)じゃなくて。

気分的にいいんですw、本当はパッケージ化されたもんだとできないこと一個でると

大変なんですw

 

curlを入れる。 

pkg search curl

pkg install php55-curl-5.5.14

あれ、

pkg: WARNING: locally installed php5-5.4.30 conflicts on /usr/local/share/php/fpm/status.html with:
        - php55-5.5.14

 

なら

pkg install php5-curl-5.4.30

 

libmcryptを入れる。

pkg search libmcrypt

pkg install libmcrypt-2.5.8_1

 

 

phpはソースから入れなおすよ

http://www.php.net/

cd /usr/chane/src

tar zxvf php-5.5.15

cd php-5.5.15

 

 

 

./configure \
--with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs \
--enable-ftp \
--enable-mbstring \
--enable-mbregex \
--with-mysql=/usr/local/mysql/ \
--with-pdo-mysql=/usr/local/mysql/ \
--enable-gd-native-ttf \
--with-gd \
--with-freetype-dir=/usr \
--with-jpeg-dir=/usr/local/lib/ \
--with-zlib-dir=/usr/local/lib/ \
--with-png-dir=/usr/local/lib/ \
--with-curl=/usr/local/ \
--with-mysqli \
--with-mcrypt \
--with-openssl

 

 

 

 

 

 

 

 

make

/usr/local/lib/libz.a: could not read symbols: Bad value
cc: error: linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation)
*** Error code 1

 

とほほだなー

 

 pkg which /usr/local/lib/libz.a

 /usr/local/lib/libz.a was not found in the database

なんだろこれ

zlibがあやしい感じ

pkg search zlib

pkg install php55-zlib-5.5.14

 pkg: WARNING: locally installed php5-5.4.30 conflicts on /usr/local/share/php/fpm/status.html with:
        - php55-5.5.14

だめ

pkg install php5-zlib-5.4.30

入った。 

 

 

もう一回やり直し

./configure \
--with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs \
--enable-ftp \
--enable-mbstring \
--enable-mbregex \
--with-mysql=/usr/local/mysql/ \
--with-pdo-mysql=/usr/local/mysql/ \
--enable-gd-native-ttf \
--with-gd \
--with-freetype-dir=/usr \
--with-jpeg-dir=/usr/local/lib/ \
--with-zlib-dir=/usr/local/lib/ \
--with-png-dir=/usr/local/lib/ \
--with-curl=/usr/local/ \
--with-mysqli \
--with-mcrypt \
--with-openssl

make clean

make

エラーでるなよ。

なんだろ、このドキドキ感。

/usr/local/lib/libz.a: could not read symbols: Bad value
cc: error: linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation)
*** Error code 1

 だめか

 

 

 

http://ホームページの作成.com/42

で入れた、zlib-1.2.8が悪さしてるっぽいなー

GDの関連ファイルなんてソースからインストールするもんじゃない。

消そう。

rm /usr/local/lib/libz.a

rm /usr/local/share/man/man3/zlib.3

rm /usr/local/lib/pkgconfig/zlib.pc

rm /usr/local/include/zlib.h

m /usr/local/include/zconf.h

 

 

 

./configure \
--with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs \
--enable-ftp \
--enable-mbstring \
--enable-mbregex \
--with-mysql=/usr/local/mysql/ \
--with-pdo-mysql=/usr/local/mysql/ \
--enable-gd-native-ttf \
--with-gd \
--with-freetype-dir=/usr \
--with-jpeg-dir=/usr/local/lib/ \
--with-zlib-dir=/usr/local/lib/ \
--with-png-dir=/usr/local/lib/ \
--with-curl=/usr/local/ \
--with-mysqli \
--with-mcrypt \
--with-openssl

make clean

make

make install

 

 

 

 

でけた。

 

 

cp /usr/chane/src/php-5.5.15/php.ini-development /usr/local/lib/php.ini

chmod +w /usr/local/lib/php.ini

 

まあ、ここいらはお好きに。
vi /usr/local/lib/php.ini



[mbstring]
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = UTF-8
mbstring.encoding_translation = off
mbstring.detect_order = auto

zend.multibyte = On ← マルチバイト使用する
default_charset="UTF-8"
realpath_cache_size=256k           #16kから変更
session.gc_maxlifetime = 10800   #1440から変更 3時間に設定

date.timezone = Asia/Tokyo


upload_max_filesize = 500M
max_file_uploads = 100

post_max_size = 1000M


はっきりいって、動画でもなんでもupできる個人のサーバー設定ですよ。

 こんなサーバーはレンタルサーバーにはありまへん。

 

さてはて、apacheがphpを認識するようにして

 

 vi /usr/local/apache2/conf/mime.types

application/x-httpd-php                         php
application/x-httpd-php-source                  phps

追加

 

 

 

vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf 

 

 

 

をAllowOverride all にして

vi /usr/local/apache2/htdocs/test.php

   phpinfo();
?>

追加してから。

 

 

 

http://192.168.1.30/test.php

にアクセス

でけた。

 

これにて、最新のFreeBsd10.0によるLAMP環境のできあがり。

アー長かった。

次はFreebsd11くらいでてからかなー。

FreeBsdは2.0くらいからやってるけどどんどん変わっていくよね~。

しゃねちゃん的には、Freebsdは北斗神拳、linuxは南斗聖拳だと思っています。

だから、使う人が少ないんです。wwwwww

 

今回、今までどうり、portsで入れていこうとおもったが、Freebsdのportsのdistfile事態が

公式から消え失せて。

新しいくできた、pkgによる配布方式でかなりのものは、インストールできてしまった。

harfbuzz 脆弱性などもあり、もはや古い配布方式では、対応できないものがいっぱい

になってしまったんだろうね。

そもそも、関連ソフトも含めて、どんどん進化するものを、従来のようにあっちがこけて、

こっちがうごかなくて、みたいなことをみんながやってたら、大変だし。

ソースからのコンパイルもそのうち、なあにそれ?

みたくなってしまうんだろうかw。

 

え?portsをupdeteしろって?

最新の10.0なのにw

まあ、時間かかるしでけたからいいじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

2014-07-26 06:01:19

Freebsd 10.0へFreeType2 と GDのインストール pkg

古い頭のしゃねちゃんは、portsでさくっと、FreeType2やGDを入れようと

思ったのだけども、現在最新のFreeBsd10.0を入れているにも関わらず。

portsがエラーでまくり、本家サイトにそもそもdistfileがないから止まる。

 

おかしいじゃない?

 

このままFreeBsdは滅んじゃうの?

と思って根本的にどうなのよと思っていたら、

http://distcache.freebsd.org/freebsd:10:x86:64/release/0/All/

txzファイルって何さw

とおもったら、freebsd9.0から標準圧縮がxzipになったらしい。

今までのgzipやbzip形式の.tar.gzや.tar.gz2のファイルが見当たらないわけだ。

てことは、今は移行期でportsがどうなんだろ。

って思ってよくよく調べてみると。

freebsd10.0から、pkgなるものがデフォで使えるらしい。

linuxならcnet-osにyumなんかあって、チートいいなーって思ってみていた人も

いると思うけど。

Freebsdもやっと追いついたみたい。そもそも現在調べまくった結果。コンパイルの必要な

portsはエラーでまくりなのに、pkgはあっさりバイナリなので、簡単にインストールできた。

要するに、バイナリをアップグレードが簡単にできる配布方式でgdやfreetype2はこれが

一番手っ取り早いみたいね。

ソースからゴニョゴニョ必要なもの以外はこれでいくことにした。

 

 

初めて使うときはこれ

 /usr/sbin/pkg 

色々と先に入れたから、pkgのDBを(/var/db/pkg)更新しておく。

/usr/local/sbin/pkg2ng

新しいものをダウンして、更新(windows updateのようなもの)

pkg update

pkg upgrade

yで開始、これが、今まで大変だったのよね~色々と。

 

freetype2を探す。

pkg search freetype2

pkg install freetype2-2.5.3_2

 

あんだけ苦労してできなかったもんが一瞬で。。。

 

 

pkg audit -F 脆弱性パッケージを調べて、up deteしてくれた。

Vulnxml file up-to-date.
0 problem(s) in the installed packages found.

 

pkg info 今までいれたpkgを表示するとソースから入れたはずのGDがない。

さてはて、ソースは反映しないのか?

 

 

 

 

 まあ、今後の脆弱性考えたらチートになったほうがいいよね。

もう一度いれてみよ。

pkg search gd

pkg install php5-gd-5.4.30

 

なんですか?この依存関係ファイルの多さ。

しゃねたんチートするうう。

ということで、portsでは失敗しまくりの。Freetype2とGDとそのお仲間の依存関係のファイルはあっさり入りましたとさ。

 

忘れないようにコマンドメモ。

pkg version

pkg version -l '<' 古いパッケージ確認

pkg version -l '>' 新しいパッケージ確認

pkg delete パッケージ名 削除

2014-07-26 06:01:18

portaudit ×

これは失敗の記録やらないほうがいい

cd /usr/ports/ports-mgmt/portaudit

make

make install

 

パーツのセキュリティーを確認するやつだったがFreeBSD10.0からなんかうまくいかん。

 

この記事は同じことで悩んでいる人のもの対応方法はこちら。

2014-07-26 06:01:17

freetype2 ×

これは失敗の記録やらないほうがいい

 

 

freetype2

http://www.freetype.org/freetype2/

ここ

tar zxvf freetype-2.5.3.tar.gz

cd freetype-2.5.3

 ./configure

 

Library configuration:
  external zlib: yes (autoconf test)
  bzip2:         yes (autoconf test)
  libpng:        yes (libpng-config)
  harfbuzz:      no

だとw

http://freedesktop.org/wiki/Software/HarfBuzz/

harfbuzzを先にインストール

 

ここからダウン

 

うーん

 

 

 tar -zxvf harfbuzz-0.9.33.tar.bz2

cd harfbuzz-0.9.33

 ./configure

make

make[4]: don't know how to make harfbuzz.pc. Stop

だめじゃん

 

んじゃ古いのに

tar -zxvf harfbuzz-0.6.0.tar.bz2

cd harfbuzz-0.6.0 

./configure

make

make install

できた。

 

 

 cd /usr/chane/src/freetype-2.5.3

./configure

 external zlib: yes (autoconf test)
  bzip2:         yes (autoconf test)
  libpng:        yes (libpng-config)
  harfbuzz:      no

あれ?

 

うまくいかんなー、セキュリティー脆弱性が出てか対応がむずい。

 

この記事は同じことで悩んでいる人のもの対応方法はこちら。

 

 

 

 

2014-07-26 06:01:16

portmaster ×

 これは失敗の記録やらないほうがいい

 

先にコマンドいれる
cd /usr/ports/ports-mgmt/portmaster

make

makeinstall

 

portmaster /usr/ports/print/freetype2

これで新しくなるはずなんだがねー

 

この記事は同じことで悩んでいる人のもの対応方法はこちら。

 

 

<< Back 11 12 13 14 15 Next >>