Emyuu
topへ
 
おすすめ記事
emyuu cms Freebsd12.0LAMP Freebsd10.0LAMP

2014-07-26 06:01:16

portmaster ×

 これは失敗の記録やらないほうがいい

 

先にコマンドいれる
cd /usr/ports/ports-mgmt/portmaster

make

makeinstall

 

portmaster /usr/ports/print/freetype2

これで新しくなるはずなんだがねー

 

この記事は同じことで悩んでいる人のもの対応方法はこちら。

 

 

2014-07-26 06:01:11

Freebsd 10.0へgdのインストール ×

 これは失敗の記録やらないほうがいい

phpの前にGD入れる

cd /usr/ports/graphics/gd

make install clean


> Attempting to fetch ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/ports/distfiles/libgd-2.1.0.tar.xz
fetch: ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/ports/distfiles/libgd-2.1.0.tar.xz: File unavailable (e.g., file not found, no access)
=> Couldn't fetch it - please try to retrieve this
=> port manually into /usr/ports/distfiles/ and try again.
*** Error code 1

Stop.
make[1]: stopped in /usr/ports/graphics/gd
*** Error code 1

なんや、gdくらいすぐできていいだろw

どこにファイルおいたんだ。

自分で探してこいとおしゃってるんで、本家からさがすとこんなとこにあった 

 ダウンしていつものように/usr/chane/srcに転送してから

mv /usr/chane/src/libgd-2.1.0.tar.xz /usr/ports/distfiles/

入れてやってからもいちど、

make install clean

 

fetch: ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/ports/distfiles/libpng-1.5.17.tar.xz: File unavailable (e.g., file not found, no access)
=> Couldn't fetch it - please try to retrieve this
=> port manually into /usr/ports/distfiles/ and try again.
*** Error code 1

なんだろ、だめだねーこれだから、チート一発しても意味がない。

関連ファイルなんてすぐ場所かわるし。

 

FreeBsdのファイルの更新が遅いのかなんなのか。

 


 GD関係をソースからいれる。実質ここからw

zlib

 http://www.zlib.net/


cd /usr/chane/src
tar -zxvf zlib-1.2.8.tar.gz
cd zlib-1.2.8
./configure
make
make install

 

libpng

http://www.libpng.org/pub/png/libpng.html

ここからたどるんだけどもわかりずらいから直で最新はここ

cd /usr/chane/src

 tar zxvf libpng-1.6.12.tar.gz

cd libpng-1.6.12

 ./configure

make

make install

 

libjpeg

 http://www.ijg.org/

最近が本家追うよりソースフォージで検索したほうが早いですね。

と思ったけど本家は9aだって6bはここだけど

あんま新しいと動かないとかあるんでないのかなー。

まあせっかくだからいっか。

cd /usr/chane/src

tar zxvf jpegsrc.v9a.tar.gz

cd jpeg-9a

 ./configure

make

make install

 

 http://www.boutell.com/gd/

ここから

 tar zxvf ligd-2.1.0.tar.gz

cd libgd-2.1.0

make

make install

 

 

 

 

 

freetype2など入れようかとおもったが、エラーですぎ。

 

この記事は同じことで悩んでいる人のもの対応方法はこちら。

2014-07-26 05:40:50

apacheはprefork

最近のapache2.4はmpmがデェフォルトがeventだ。

まあ、新しいしいいだろと思っていた。

ほっといた、固まったwwwwwww

phpはpreforkなの!

前もはまったのに又はまった。

いまどきphp使わないサーバーなんてあんのかいな。

マルチスレッド対応のphp使えばって話はあるみたいだけど。

 /usr/local/apache2/bin/apachectl -V
確認

してみて、preforkじゃないなら。

普段あんまり気にしないで、apacheの最新使ってるひとは変えたほうがいい。

apacheプロセスが300パーセントなんてなるよw

枯れた技術が一番だとしゃねたんは思うw

 

 

 

2014-07-24 02:15:46

freebsd インストール(10.0-RELEASE)へapache2.4.20をインストール

 

今日はやっとwebサーバーをソースから入れていくよ。

コンパイルにはpcreがいるので先に入れよう。

 http://pcre.org/

からpcre-8.35.tar.gzダウン後いつものように/usr/chne/srcにffftpで転送して。

(まあ、サーバーから直にダウンしたいときはwgetでもつかってね。)

cd /usr/chene/src

tar zxvf pcre-8.35.tar.gz

cd pcre-8.35

./configure

make

make install

 

 

 

さて、最近はarpが別配布になちゃったのよね。 arpってのは、osの違いを吸収するものだね。

だからそれを先にインストール。

 http://apr.apache.org/download.cgi

から、最新のapr-1.5.1.tar.gz と apr-util-1.5.3.tar.gzをダウン。

 

 

本体もダウン

http://httpd.apache.org/download.cgi 

httpd-2.4.10.tar.gz

をダウンロードだ。

 

 

 

転送したらまず解凍

cd /usr/chane/src

tar zxvf httpd-2.4.10.tar.gz

 

 

次にaprを解凍

tar zxvf apr-1.5.1.tar.gz

apacheの中に移動

mv apr-1.5.1 httpd-2.4.10/srclib/apr

 

 

次にapr -utilを解凍

tar zxvf apr-util-1.5.3.tar.gz

apacheの中に移動

mv apr-util-1.5.3 httpd-2.4.10/srclib/apr-util

 

cd httpd-2.4.10

 コンフィグルーはいろいろあるんだけど、しゃねちゃんはこんな感じ。

 


./configure \
--prefix=/usr/local/apache2 \
--enable-modules=all \
--enable-mods-shared=all \
--enable-mpms-shared=all \
--enable-rewrite \
--with-ssl=/usr/bin \
--enable-ssl \
--with-included-apr \
--with-pcre \
--enable-dav \
--enable-so \
--disable-ipv6\
--with-mpm=prefork


make
make install

 

cd /usr/local/apache2/conf

cp httpd.conf httpd_bak.conf  念のためバックアップを作っとく

 

vi httpd.conf

 

AcceptFilter http none
AcceptFilter https none

を追加、これは、FreeBsd特融の問題でなくてもうごくけど、ログに嫌なエラーがでるから。

 

 

 起動してみる。

/usr/local/apache2/bin/apachectl start

 

 ブラウザで192.168.1.30にアクセスしてみる。

 

動いたね。

 vi /etc/rc.local

/usr/local/apache2/bin/apachectl start

追加で、自動起動。

 

 

 

 

2014-12-11 07:09:30

mysql-5.6.19 のmy.cnf

うんと、my.cnfなんだけど。

特にたいしたチューニングはしていない。

ずばり、

vi /etc/my.cnf


# For advice on how to change settings please see
# http://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/en/server-configuration-defaults.html
# *** DO NOT EDIT THIS FILE. It's a template which will be copied to the
# *** default location during install, and will be replaced if you
# *** upgrade to a newer version of MySQL.

[client]
port=3306
default-character-set = utf8mb4

[mysqld]
log-bin=mysql-bin
expire_logs_days=14

port=3306
character-set-server = utf8mb4
skip-character-set-client-handshake

インジェクションで使わなくなったらしい

# Remove leading # and set to the amount of RAM for the most important data
# cache in MySQL. Start at 70% of total RAM for dedicated server, else 10%.
# innodb_buffer_pool_size = 128M

# Remove leading # to turn on a very important data integrity option: logging
# changes to the binary log between backups.
# log_bin

# These are commonly set, remove the # and set as required.
# basedir = .....
# datadir = .....
# port = .....
# server_id = .....
# socket = .....

# Remove leading # to set options mainly useful for reporting servers.
# The server defaults are faster for transactions and fast SELECTs.
# Adjust sizes as needed, experiment to find the optimal values.
# join_buffer_size = 128M
# sort_buffer_size = 2M
# read_rnd_buffer_size = 2M

sql_mode=NO_ENGINE_SUBSTITUTION,STRICT_TRANS_TABLES


て感じ要するに、絵文字コードが入っても保存できるように4バイトのUTF-8にしてみただけ

 

mysqlを再起してからmysqlにログインしてみた結果

 

まあ、いいんじゃないでしょうか。

 

2014-07-22 23:23:16

Freebsd 10.0 へ mysql-5.6.19 のインストール

今日はデータベースのmysqlを入れていくよ。

失敗も入れてるから参考にするなら一通り読んでからをお勧めするよ。

FreeBsdが何故人気ないかわかるよ。

 

mysqlのサイトからお金のないしゃねたんは

MySQL Community Edition (GPL)を選びます。

更にMySQL Community Server (GPL)を選ぶと、プルダウンになるので、

FreeBsdを選ぶよ。

すると、FreeBSD 9.0 (x86, 64-bit), Compressed TAR Archive

というのしかない。10.0ないんだけどなー。

まあ、動くだろと思って、やってみたけどだめだったwwwww

scripts/mysql_install_db: Command not found.

 

 

 

じゃあ、ソースからにしてみるか。てことで、一番したの

 

Generic Linux (Architecture Independent), の

mysql-5.6.19.tar.gz

をダウンしてみた。

 

ログインしろとでるので、もし、登録してない人は先に登録してね。 

 

ということで、windows上にダウンしたものを、前回作ったftpでFreebsdにftpでupします。

のちのち、作業用のupフォルダとして

 /usr/chane/src

 というのを、ffftpで作っておいて、

その中にいれます。

 

 

 

 

ローカルだから早いね。

 次は、tera termのコンソールから、もう一度rootでログインすると

 

/usr/chane/srcに転送できていると思う

そのまま作業するが、cmakeなんか昔と違って、cmakeがいるんだってさ。

めんどくさいね。

 

 

cd /usr/ports/devel/cmake

make

=> port manually into /usr/ports/distfiles/ and try again.
*** Error code 1

 

あああああめんどくさい。

linuxにしたくなってきたwww

しゃあない。

cmakeもソースから。

http://www.cmake.org/

から、cmake-2.8.12.2.tar.gzをダウンして、転送。

cd /usr/chane/src

tar zxvf cmake-2.8.12.2.tar.gz

cd cmake-2.8.12.2

./bootstrap; make; make install

 /usr/chane/src/cmake-2.8.12.2/Source/kwsys/SystemInformation.cxx:3631:15: error: use of undeclared identifier
      'backtrace'
  int nFrames=backtrace(stackSymbols,256);

 

.......エラー

 FreeBsd 9系のがいいね、バイナリでうごいたし。

 

んじゃあ、cmake3.0系ためしてみよ

cd /usr/chane/src

tar zxvf cmake-3.0.0.tar.gz
cd cmake-3.0.0

./bootstrap && make && make install

 

 

成功したよw

 

 

 

 

やっと、mysql

 cd /usr/chane/src

 

 

 tar zxvf mysql-5.6.19.tar.gz

cd mysql-5.6.19

 

 cmake . -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local/mysql -DDEFAULT_CHARSET=utf8 -DDEFAULT_COLLATION=utf8_general_ci -DWITH_DEBUG=1

 

make

make install

 

 

 

 インストールできた。

 

 

pw groupadd mysql
pw useradd mysql -g mysql -d /usr/local/mysql -s /nonexistent

mysqlのユーザーとグループをFreebsdに登録

 

cd /usr/local/mysql

chown -R mysql .

chgrp -R mysql .

scripts/mysql_install_db --user=mysql

scripts/mysql_install_db: Command not found.

なんで!!!

 

まてよ、パールスクリプトというおちか?

そういや、普段はいろいろゴニョゴニョ入れてからだから、勝手にはいってんだよなー。

 

/usr/ports/lang/perl5.18
make

make install

 

もういちど

 scripts/mysql_install_db --user=mysql

 

あっさり、動いた。。。。。。

 

 

 

 http://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/en/binary-installation.html

を参考に続ける。

chown -R mysql .

chown -R mysql data

cp support-files/my-default.cnf /etc/my.cnf

bin/mysqld_safe --user=mysql &

 

 

 

今度は起動した。

 /usr/local/mysql/bin/mysqladmin -u root password 'パスワード'

rootのパスワードを入れておしまい。

 

テスト

/usr/local/mysql/bin/mysql -u root -pパスワード

show databases;

 

 

 

動いた動いためでたしめでたし。

 

 

ああ、my.cnfは今度ね。もう疲れた。

 

追加:自動起動わすれてた。

vi /etc/rc.local

/usr/local/mysql/bin/mysqld_safe --user=mysql &

を追加すると起動と同時にdbが起動するようになる。

 

2014-07-21 23:19:44

Freebsd ftpのインストール

 

 

 

今日はFTPをFreeBsdに入れるよ。

まあ、最初から入っているんだけども、

vi /etc/inetd.conf

 

 

コメントアウトを解除する。

 再起動

おわりw

 

 

 

 

 

 

ffftpなどで、

サーバー名 192.168.1.30

アカウント 登録時のものここではchane

パスワード 登録時のもの

などで、ftpできるか確かめてみよう。

 

 

 

 

できた

 

ちなみに、今回はプライベートLAN内だけのftpなのでこれでいいけど、これをネットにつながるように、ルーターにポートを割り振ったりしないほうがいいよ。

tcp_serverだとかで接続先を限定しないとすぐにハッキングされちゃいますよ 。

 

2014-12-26 12:17:03

freebsd インストール(10.0-RELEASE)⑤ rc.confの設定

さて、今回はFreeBsdの初期設定の中心、rc.confの設定

このファイルは起動時の初期設定が入っていたり、IPを決めたり、初期起動

アプリの設定をしたりするよ。

細かいことは、めんどくさいので。

ドメイン名を、test.emyuu.com にしたとして説明するよ。

testはサブドメインだけども、emyuu.comは今現在使っているドメインで、

説明のためだけにドメインも取得するのはもったいないし、

基本同じですから。

で内容はこんな感じ

vi /etc/rc.conf


hostname="test.emyuu.com"
keymap="jp.106.kbd"
ipv6_enable="NO"
ifconfig_ale0="inet 192.168.1.30 netmask 255.255.255.0"
defaultrouter="192.168.1.1"
keymap="jp.106"

kern_securelevel_enable="NO"
nfs_reserved_port_only="NO"
sendmail_enable="NO"
sendmail_submit_enable="NO"
sendmail_outbound_enable="NO"
sendmail_msp_queue_enable="NO"
sshd_enable="YES"
inetd_enable="YES"
ntpdate_flags="133.243.238.244"
ntpdate_enable="YES"
fsck_y_enable="YES"

 


 ※ipを192.168.1.30に固定ネット側ルーターはそのcクラス内先頭の1番この場合192.168.1.1であることが多い。

※プライベートipを割り振る範囲は最近のルーターはcクラス 192.168.0~2くらいが大半だが違う場合はルータに合わせるか、ルーターの設定を変える。

 

 

 ついでに、resolv.confも変える。

vi /etc/resolv.conf

 


 nameserver 192.168.1.1

 nameserver 8.8.8.8


リゾルバは、ドメインの問い合わせなどで今回dnsは入れないので、自分自身127.0.0.1などに

してもわからないから、ルーターに聞く、ルーターがもしdhcpで自分が割り当てたんじゃないし

って教えてくれなかった場合は、8.8.8.8 すなわちgoogle様に聞く。

 

 

 再起動!

 

今度はからipを192.168.1.30に固定しちゃったから、ipを変えてログインしてみるよ。

 

ipを変えたことでSSHの警告が又でたよ。

 

ログインできたので、念の為に外部にアクセスできるか、pingをyahoo様にしてみたよ

かえってきたので外のDNSでドメインを引いてるのは確認。

 

これで、IPが192.168.1.30に固定されましたとさ。

 

2019-08-12 03:34:48

freebsd インストール(10.0-RELEASE)④ SSHのインストール

こんにちは、前回FreeBsdのインストールはすみましたけど、このままでは

毎回、サーバーにモニタを切り替えたり、コマンドラインなので一般的ではない。

今回は、windowsから、サーバーにリモートでアクセスするようにしたいと思うよ。

まずは、クライアント側windows用のソフトをインストールします。

接続には、SSHを使うことになります。

Tera Termというソフトを使います。

インストールがおわると、こんな感じになります。

 

 

 

 

これでクライアントの準備はできました。

次は、FreeBsdのサーバー側です。

サーバーを起動してrootになったあとで、

cd /etc/ssh
vi sshd_config

#をはずして一時的にpasswd部分認証可能にする。
PasswordAuthentication yes
PermitEmptyPasswords yes
ついでにプロトコル2のみの接続とする。(多分コメントアウトしなくてもなっているようですけどね)
Protocol 2


そしてfreebsdに割り当てられたプライベートIPを確認しておく。

ifconfig メモして控えておく

 

 

ここで再起動する。

要するに、最初だけpasswordで、windowsからアクセスしようということ。

 

 

さて、Freebsdを再起動するとdhcpなので、ipが変わることがたまにあるが、

他の機器をいじっていなければ、ほとんど同じことがおおく、変わっても大概

その前後1個くらいの違いだよ。

 

 

 

クライアントwindows sshからの作業

ipを入れて、okをおすと

 

SSHの画面がでるので、続行を押す。

 

IDとパスワードを入れる。

 

 

windowsから、サーバーにsshでログインできた。

ただし、このままでは、パスワードによるものでセキュリティがありません。

あくまで、プライベートネットワークないでの利用のためです。

 

 ちなみに、もうFreebsdはこのtera termのクライアント上から操作するので、

モニタやキーボードなどは、Freebsdからははずしてしまいましょう。

 

shhを本格的につかう。

 

 

 

 

ssh鍵生成

 

パスフレーズを書き込んで、公開鍵と秘密鍵を保存します。

 id_rsa.pub 公開鍵

id_rsa 秘密鍵

 

次に、公開鍵をサーバーに転送します。

rootになってから、

しゃねちゃんの場合、chaneがアカウントでホームが/usr/chane

なので、

cd /usr/chane

mkdir .ssh

cd .ssh

vi authorized_keys

FreeBsd はauthorized_keysという名前で保存するみたい

テキストエディタでid_rsa.pub自体をひらいて、中身をコピペ

 

 cd..

 chmod 700 .ssh

ルート以外みえなくする

 

rootになって作業した場合は

chown -R chane .ssh

 

 

 秘密鍵でログインしてみる

 

 

 

ログインできた。

 

最後にわすれずに!パスワードログインを消す。

cd /etc/ssh
vi sshd_config


#PasswordAuthentication no
#PermitEmptyPasswords no

 

コメントにもどして、パスワードのログインを消せば、秘密鍵だけのログインとなり、

安心。

 

再起動

 

 ためしに、パスワードだけで、ログインしても今度はできないはずです。

暗号化もされてるので、遠隔地からサーバーをいじっても基本的には安全。

windows上から、安全にサーバーのコントロールができるようになりましたとさ。

 

 

 

追加
2018/8現在最新版はなんか変わった鍵を作るときbccrypt KDF形式を外さないと認識しない





2014-07-12 12:11:07

freebsd インストール(10.0-RELEASE)③

 

今日はインストールだ!

まずbiosを立ち上げて、ファーストブートをUSBメモリにする。

これは、マザーボードによって違う。p5qseはDELキーで立ち上げて設定する。

bios設定を保存してから、再起すると、usbメモリが起動。

 

こんな順番でほっとくと起動する。

installを選ぶよ。

 

次にキーボード選択、日本語で!

 

ホスト名はドメインもまだ考えてないから、空白のまま

 

gameはいらないから外してつぎつぎ、

 

 

HDDにインストールすっるから、ada0を指定

 

 

 

 

 

 

次はパーテーション の割り振りなんだけど、中古なので前のが残ってたからまず消す

 

次にAUTOで又作る

 

さっきと同じ画面

 

 

今度はFinishでおわり。

 

最後の確認いいかい?

 

インストールはじまり。

 

インストールが終わると、rootのパスワードを入れろとでる。

 

次に、使うLANを選んでとでる。

ここで、LANが出ない場合はFreeBsdが対応していない、BIOSでLANがOFFになってる

などのマザボ、あんまりないけどドライバーを後からいれないといけないから大変だよ。

 又、ここで、自動的にLANのデバイス名もわかるね。

 

IPv4 使います。使います。まだまだIP4です。

 

 

DHCPから自動的にIPの割り当てうけます。後で、使わないけどね。とりあえずいります。

 

IP探し中

 

IPv6。。使いませんまだ、これ普及するの?

 

リゾルバのIPがルーターから勝手に割り当てられるはずだよ

 

 

時間の設定

 

アジアでー

 

日本

ssdを設定して

 

これはね、root以外のアカウントつくるか?

ってこと、つくるよ

 

ユーザー名はお好きに。

 

 

ここ肝心、このアカウントからsuでrootになれるように、wheel

シェルは便利だからしゃねちゃんはtcsh

 

ここ肝心、わざわざ、root以外のアカウントつくったのは、バックアップ用なんだって

ホームフォルダは

/usr/アカウント名

にする。

 

パスワードは自分で

 

確認 y

 

他のアカウントはいらない

 

とりあえず、設定おわり。

 

最後にまだ設定するか?しない

 

再起動するよ

再起動しだしたら、usbメモリはずしとこ。

 

HDDから、FreeBsdが起動した。

ログインIDをいれて

 

さらにsuでrootに。

 

ちゃんとネットにつながってるか、大手にping、yahooさんお世話になります。

ということで、めでたく、サーバーができあがり。

もうできたよ。

次回は、各種アプリケーションやら、運用方法かな。

 

<< Back 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  Next >>