防犯カメラから思う世界の今後
topへ
おすすめ記事
emyuu cms Freebsd12.0LAMP Freebsd10.0LAMP

2020-07-26 17:06:37

防犯カメラから思う世界の今後
民主主義は負けるのかね?防犯カメラを買おうとした、不景気になりやたらと必死のセールスやらくるし、もしかしたら泥棒かもしれない。
すると現在の主流はネットワークカメラであることが多い、理由は余計な配線をなくしたいから、中にはソーラーバッテリーで一切電源のいらないものもある。
wifiにつなぐということはプライベートネットワーク内のセキュリティを渡すのと同義である、防犯カメラの映像だけだからハッキングされてもいいや、なんて考えていたら
大間違い、見ると最初にソフトを使うためにサイト登録をしないといけないらしい、ここでピンときた、ハッカー目線で考えればこれはもはや自分ちのパソコンやら
スマホのフェイアウォール内に侵入を許す伏兵を忍び込ませると同義である。
どんなにファイアウォールを厳しくしても潜入を許す水先案内人がいるのであれば、容易に突破できる。
そんなものが5000円前後で売られてるのである、普通桁が一個違う5万以上だ、みんな少し頭を使ってほしい、何故こんな恐ろしく高機能のものを世界中にばらまいているのか?
ほぼただでばらまいているんだ。
カメラのアプリを使うために最初にサイト登録しないといけない。
ここで気が付いてほしい、これはそのカメラがどこで使われているかの情報を送っているんだ、そんな容量の少ないデータをしかも一回だけ送る行為どんなセキュリティソフトも
反応しない、場所とグローバルのIPそれだけで十分価値がある。ある意味場所はどうでもいい、グローバルアドレスだ、企業のなら大概同じ固定ip内に収まる
次に今後どういったことがおこるかを考えてみたい、例えばこのカメラがIT会社に使われていたとしよう。

社内は最先端のファイアーウォールを備えた会社だ、そこにローカルネットワーク内に多数の機器が設置されているとしよう。
通常カメラも社内ネットワークの中に設定されている、外からnet機能で振り分けられたいち端末でしかないが、問題は社内ネットワークの一部にあるということだ
通常はカメラはそしらぬ顔で普通にカメラとして機能している、必要な時がくるその日まで。
そして戦争がおきたとしよう。
録画監視のためのアプリ一瞬だけ登録さきに現在のグローバルIPを送る。
その時である、バックドアモードが起動する。
そのあとから瞬時にカメラは社内に潜んだハッキング端末に変化する。
まず内部ルーターの権限を解放、ファイアウォール無効で攻撃を容易にする、戦法としては内から伏兵が城壁をあけるようなもの
後は無残に破れさる。

まあ、そんなとこだろうよ、手遅れかもしれないが民主主義陣営頑張ってほしい。
ただ今の日本製品の衰退を見るにつけもはや手遅れだろう、トヨタが中国にいくとはそういうことだ。
そして金持ちたちが考えるのも多分、中国が支配するならそっちの上流階級になればいいだけじゃないかということ
金持が戦わないのであれば僕らのように日々生きるのに精一杯の貧乏人どもはなすすべもないく迫害されるだろうよ。
そんなカメラが警察、病院、はたまた軍隊まであちこちにあるらしい。