次亜塩素酸水生成器 どれがいい?
topへ
おすすめ記事
emyuu cms Freebsd12.0LAMP Freebsd10.0LAMP

2020-04-20 03:47:29

次亜塩素酸水生成器 どれがいい?
次亜塩素酸水生成器

コロナのせいでアルコール除菌液が売っていない。
そこで最近話題になっているのが、次亜塩素酸水というもの、特徴として極めて不安定、光に弱く、そのせいで長持ちしない。
だけど、殺菌力はアルコールより強い、不安定だからこそウイルスにも結びついて殺菌してしまうらしい。
長持ちしないから、作りたくなるよね。
なんでも、塩と水から作れるらしい。てなわけで、アマゾンで調べてみると、安く一杯出てきた。
当然中国製ばかり。
こんなのとか。
買ってみたが、ひどいことに到着したころに、次亜塩素ナトリウム生成器にタイトル変わってるじゃないか!
売ってる人もよくわかってないんだろこれ。
そこでなんでこんなことになってるのか調べてみた。
ここのホームページの図が詳しい
ついでにこの方のユーチュブも観てみた。
要するに僕らがほしい次亜塩素酸水とわ、PH5.0~6.5のものだってこと、ついでに使いやすいのが50ppmくらいのもの
僕がかったのは次亜塩素酸ナトリウム生成器だったみたいで、世の中で売っている、ほとんどの安物は
次亜塩素酸ナトリウム生成器みたいです。
なので、2020/4/20時点でお手軽に買える、次亜塩素酸水生成器は存在しません。
本物は売り切れています。(大人なら買えるジアポケットくらい)


もちろん、僕の買ったやすっちい、次亜塩素ナトリウム生成器も使えないわけじゃないけど、凄く危険か?
というと手の消毒くらいにはそれほど危なくない、しいて言えば、微アルカリ性次亜塩素ナトリウム生成器と言ったところで
アマゾンのコメらんにはph9.5程度と書いてます。
僕は返品するので使ってません。
でも、コロナって肺炎じゃないですか、空間に除菌したいですよね?
ついでにいったら加湿器に入れて噴霧したいですよね。
次亜塩素酸水だと思って歯医者で使うものと同じだとうがいに使っている人まで※ランにいるみたいです。
空間にまくにはいくらアルカリ濃度が低くても危険ですよね。なんせ、みんなが怖がっているナトリウム、まぜるな危険!
なんですから、人体は弱酸性です。コロナの前にみんな死にますよ。
ってことで、あまり、現状を分かってなく、購入している人が多いので2週間ほど色々調べて書いてみました。
実際はこの手のものはペーハー試験紙(アマゾンで200円くらい)も買って出来を見ながら使うのがいいみたいですよ。

でも、なんで特に中国製にしても本物売らないの?ナトリウムなんてハイターでいいだろって疑問わくよね。
この人の実験みててわかった。
本物は微酸性、微でも酸性、要するに電極が溶ける、溶けると又違う種類のものになるし、(次亜塩素酸水の特徴はあるにしても)
溶けない物質で電極作るととっても高くなるんじゃない?
なので安物の次亜塩素酸水生成器など存在しないんじゃないかな、今のところ。

ということで、多くの僕のような素人のために書いときました。