私もなったので池袋事故の原因がわかります。
topへ
おすすめ記事
Freebsd10.0LAMP

2019-05-21 06:13:39

私もなったので池袋事故の原因がわかります。
私も昔池袋の加害者のように足が弱りアクセルが戻らなくなったことがあるので原因がわかります。
私の場合も100キロを超えるスピードが出ましたが、迷惑をかけたくないので、もう死のうと思って太い立ち木にハンドルを思い切り
切ったらスピンするだけですみました。
現在は車いすとなり安全運転で手動装置をつけて運転しています。
社会一般的な人からすると本人も含めて運転ができないレベルの足なのに気が付かない状態の人が多数います。

仮に杖なしで歩いていてもです。
運転免許の更新に必要な判定に足の感覚と足の筋力測定を入れるべきです。
手は脳から近く最後までわりと動きますが足は速く劣化します。

池袋の加害者の場合も足の筋力は健常者の半分以下、そしてここが重要ですが大きな筋肉以外動いていません。
感覚も相当悪くなっているはずです。

次に原因ですが多分、後方確認などで体位をずらしたとき、ブレーキの下に足が入り、その角度でかかとで
アクセルを踏み込んでます。

本人はブレーキ位置に足があるのでブレーキを踏んだといいはります。
でわ何故プリウスに事故が多発しているのでしょうか?

それわ、ブレーキの位置がアクセルより高く、ブレーキの下に足が入りやすい構造だということがあるのではないでしょうか。
ブレーキが床にちかく、靴の高さより低ければ入り込む余地はないと思います。

足が弱った人にこそ車は必要なものです。
足が弱った人たちはそのまま車を運転するのではなく、是非手動装置をつけてください。
余計な出費が必要ですが、どんな車にもつけれて、普通免許で運転でき特別な講習は必要ありません。
(なれるまで講習あったほうがいいとおもいますが)
価格も20万前後で10万円行政の補助がでます。

手動装置がついていても一般人もペダルで運転できます。
この装置は大昔車いすになった若者が行政のいやがらせに何年も耐えてやっと作った、勝ち取った権利です。
これのおかげでただひきこもり死を待つだけの人生から彼女や妻や色々なものを手にしました。
感謝です。